ホーム » アーカイブ

「銀座カラー」は「赤ちゃん肌脱毛」で人気

長年、ムダ毛の自己処理を続けてきた女性の肌は、様々なトラブルを抱えています。
カミソリ処理でありがちなのが、乾燥肌です。
カミソリの刃をあてると、ムダ毛とともに皮膚を削り取るので、肌表面の潤いまで奪ってしまうことなります。
また、肌への刺激の強いカミソリ処理を繰り返すことで、メラニン色素が活発化し、肌が黒ずむ色素沈着を招くこともあります。
こうなると、元の白い肌に戻すのに相当の時間と費用が必要になります。
ムダ毛の自己処理で肌へのダメージを蓄積するのをストップさせるには、プロの施術が受けられる脱毛サロンを利用するのが一番です。
最近、主流のフラッシュ脱毛は、多くのサロンで採用されている施術方式で、肌への刺激が少なく痛みもおだやかでほとんど感じないのが特徴です。
また、低コストで施術が受けられるとあって学生や主婦層の利用者も増えています。
中でも、プラスアルファの美肌効果が期待できるサロンとして人気上昇中なのが「銀座カラー」です。
肌へのいたわりにこだわった「赤ちゃん脱毛」には術前術後のケアに秘密があります。
「美肌潤美(びはだじゅんび)」とネーミングされたオリジナルローションは、皮膚科医監修のもと、ヒアルロン酸やコラーゲンの他、4つの有効成分を配合、施術前のプレローションとして塗布します。
また、この「美肌潤美」を術後の肌のクールダウンにも使用。
ミストシャワーで高圧噴射してひんやり心地よく美容成分を浸透させていきます。
お手入れの後は、保湿力95%の効果を実感できるぷるぷるの赤ちゃんのような素肌に。
蓄積した肌ダメージを改善させることにも着目した施術は、多くの女性に支持されています。

デリケートなワキの脱毛も安心フラッシュ脱毛

ワキは露出する機会も多く人目にふれやすいパーツです。
身体の中でも太くて濃いムダ毛が生えてくるワキは、確実にお手入れをしておかないと、恥ずかしい思いをすることになりますよね。
また、ワキのムダ毛は長袖のシーズンだからといって放置しているとニオイの原因にもなるので非常にやっかいです。
では、どんなお手入れの方法がよいのでしょうか?
家庭でカミソリを使って処理しているという方は、切り傷、肌あれ、乾燥、黒ずみなどのトラブルを起こしがちだったりします。
それに、カミソリで剃っただけではすぐにムダ毛が生えてきてしまいます。
また、毛抜きで1本ずつ抜くのは、痛みを伴いますし途中で切れて埋没毛になってしまうことも。
毛抜きは肌への負担も大きく、毛包炎などを引き起こす恐れもあります。
ワキは、しつこいムダ毛ゾーンなのに、肌は柔らかくてデリケート。
カミソリや毛抜きを使った自己処理で肌を傷めてしまう前に、プロの施術が受けられる脱毛サロンでお手入れをするのが安心です。
今、エステや脱毛サロンで人気を集めているのがフラッシュ脱毛です。
メラニン色素の黒色に反応する光を用いた施術方式で、黒いムダ毛だけを狙って熱を加え、毛根にアプローチします。
施術後は、1~2週間程度でムダ毛が自然に抜け落ちていきます。
フラッシュ脱毛は、1度だけの施術ではあまり効果を感じることはできませんが、ムダ毛の生え変わる毛周期に合わせて、繰り返しお手入れすることで、次第にムダ毛が細く生えにくくなっていきます。
フラッシュ脱毛は、肌への負担も少なく痛みもほとんどありません。
施術マシンの進化により、手頃な料金でお手入れできるのも魅力となっています。
多くの脱毛サロンではワキ脱毛の体験キャンペーンを行っていますので、興味のある方は是非カウンセリングを受けてみることをオススメします。

フラッシュ脱毛でも痛みを感じることはある?

「フラッシュ脱毛はほとんど痛みを感じない」と言われていますが、実際のところは個人差もあると思われます。
では、どのような場合に痛みを感じやすくなるのでしょうか?(1)もともと痛みに敏感なタイプ 緊張や恐怖心から強い痛みを感じてしまう方がいらっしゃいます。
心配な方は事前にテスト照射を受けたり、脱毛効果は低減しますが周波数を下げて施術してもらうといった方法もあります。
また、脱毛のプロであるスタッフに相談して、痛みのない他の施術方式を提案してもらうのも一案です。
(2)ムダ毛が濃いタイプ ムダ毛の生え方は個人差が大きくパーツによっても生え方が異なります。
ムダ毛の濃い方は薄い方よりも、刺激を強く受けやすいと言えるでしょう。
また、ワキやVラインなど、肌がデリケートで太いムダ毛が生えているパーツは、他のパーツよりも痛みを感じやすいと言われています。
(3)日焼けが原因となるタイプ 肌そのものが日焼けなどで黒ずんでいると、ムダ毛だけでなく肌にも刺激が伝わることになります。
施術前には、肌の状態をチェックしてから照射することになっていますが、一見、白く見える肌であっても、数か月前の日焼けの影響が肌の奥に残っているような場合、痛みが現れることもあるようです。
万が一、痛みを強く感じることがあれば、直ちに施術を中止してクーリングが鉄則です。
赤みを帯びてヒリヒリとした火傷のような炎症をおこしてしまった時は、保冷剤等で冷やし、速やかに医師の診察を受けてください。
穏やかな作用のフラッシュ脱毛ですが、このようにごく稀に肌トラブルを引き起こすケースもあります。
万が一の肌トラブルに備えてドクターサポートと提携しているサロンもありますので、サロン選びの参考にしてみてください。

ここだけは外せない!ワキの脱毛

初夏になるとノースリーブやタンクトップのおしゃれを楽しみたくなりますよね。
でも、ちょっと気になるのがワキのムダ毛です。
ワキは上半身の中でも顔に近く、人目につきやすいパーツです。
しかも、ワキのムダ毛は太くて少量でも残っていると非常に悪目立ちします。
男性側からの意見でも「女子たるものワキのムダ毛だけは勘弁してほしい」のだそう。
ワキのムダ毛は放置しているとニオイの原因にもなりますので、露出が少ない時期でもしっかりお手入れをしておく方が安心です。
でも、ワキは、自分では見にくいパーツですよね。
しかも曲面になっていますので、カミソリで自己処理する際に、うっかり切り傷を作ってしまうことも。
カミソリで剃る際に、ムダ毛と一緒に皮膚もけずりとるので、どうしても肌の乾燥を招いてしまいます。
剃ってもしばらくするとすぐに生えてくるカミソリ処理では、半永久的にお手入れを繰り返すことに。
何年もカミソリ処理を繰り返すうちに、肌が黒ずんでしまう色素沈着の状態になると、元の白い肌に戻すが困難に。
毛抜きで1本ずつ抜く場合、しばらくはムダ毛のない状態になりますが、毛根が残っているのですぐに新しいムダ毛が生え替わってきます。
また、毛抜きで引っ張る時に途中でムダ毛が切れてしまうと、ムダ毛が皮膚の下にもぐり込む埋没毛は、見た目も悪くしばしば炎症を引き起こすことも。
このように、肌はデリケートだけれど、ムダ毛が目立つワキのお手入れには、フラッシュ脱毛が安心です。
フラッシュ脱毛は、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応する光を用いた施術で、肌への負担が少なくて痛みもほとんどありません。
手頃な料金でじっくり確実にムダ毛を少なく目立たなくしてくフラッシュ脱毛。
脱毛サロンでは、ワキ脱毛のコースが充実していますので、是非一度チェックしてみてください。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報